インナードライという罠

user-pic
0

さて、話題はガラッと変わりますが、インナードライって皆さんご存じですか?

まぁ、その名の通り、肌のの内部がからからになってしまっている状態なんですが・・・・・・


このインナードライ。何が怖いかというと、表面は結構油っぽかったりするんです。

肌の表面が脂ぎっていると、あぁ自分は脂性肌なんだ!

っと思ってしまいますよね?

そのため、気づきにくく、また、脂性肌向けの対処を行ってしまうことにより、インナードライを進行させていってしまうのです。

そんなインナードライには正しい対処を行わなければならないのです。

このブログ記事について

このページは、atoaが2014年5月 1日 13:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コットンと手のひら どちらを使っていますか?」です。

次のブログ記事は「インナードライに効く化粧水」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。